助産師の起業(開業)〜自分らしく生きると決めた〜

こんにちは〜!
「家族のはじまりをあなたらしく♡生活からまるごとサポート」いちご助産院の石上です。

実は、、
「助産師」「開業」などの検索ワードで検索されていることが多い、当助産院のホームページ。

開業届を提出してから、1年があっという間に過ぎています。
(間に第2子の妊娠・出産を挟んでいたので、
実際助産院として本格稼働しているのは2018年に入ってから)

そして、開業(起業)初期というのは、いろんな種類のたくさんの悩みが出てきます。

その中でも私が採用し、受けていたコンサルについてのお話を本日は少し。

昨日、ちょうど1年前にはじめた、
野本 由美子さん(メデル株式会社)の星詠み継続コンサルが、最終回を迎えました。

 

終わりにするのも自分で決める。
終わらせることも、実はストレスなのです。。

その一方ではすごくスッキリしていて。

長女がまだお腹にいて、
臨月でお腹大きいのに、前のめりに夢いっぱいでスタートダッシュしたくて、張り切りすぎていた1年前。

思い通りにいかないことなんて、山ほどあり、、
なんだかんだ、前向きなんだけど(その裏の葛藤がすごいんです、私 笑)

その理由を、他責・自責として、繰り返していたようにも。

まぁ、そりゃさ、そこに解決策は当然うまく生まれないわな。

 

私に必要だったのは、

不完全な自分を見つめ、そんな自分もいるね、

と受け止めるための時間でした。

自分がやりたいことをしっくりくるまで言葉にしてみて、
音読もして、
腹落ちするのか、
納得したビジネスや人生を選べているか、そんなことの繰り返しだった。

個人事業主も、
屋号を掲げたいちご助産院も自分次第。
(これ、わかってはいても、正直きつい)

その答えも成果もすぐに出るものと思ってたけど、、

今あるものは

手のひらに一握りもないダイヤモンドの原石みたいな希望。

シャワーのように、コンサルとしての方法を提示してもらったし、
全部やりきれてない自分も正直いる。

でもやれたものも、自分の特性も強みも気づけて、見つけられたし、
「あるな」と自分の中に小さな自信が芽生えた

着実に、持続可能なものにするための方法を、地道に泥臭く歩んできたと思う。

1年前はもっと外側から見て華やかなキラキラしたものになってるイメージがあったけど、
今は自分の中にまだまだ磨いてほしがってる希望とやらが、ベールに包まれて、まだまだ身なりを隠している感覚。

でも確実に、そこに自分の中にある。

今年の残り半分、磨き作業に励みます。

終わりははじまり。

自分で道を選び、歩む力を今、会得しかけてるはず。
未完。

チャレンジできることってありがたい。


(人生の岐路を見守り続けてくれた、ゆみさんです♡)

ぼちぼちブログ兼ホームページもリニューアル、パワーアップしますので、お楽しみに

「なぜ星詠みを選んだのかも、ちゃんと言葉にしたいな」を言葉にしておくw

 

****************************************

🍀昨日より、受付中!!申し込み続々^^
卒乳カフェ 7月6日(木)開催決定!詳細はこちらから

🍀「家族のはじまりをあなたらしく♡生活から全力サポート」いちご助産院は
産後を心地よく、あなたらしく♡自宅で過ごせるようお手伝いする助産師&産後ドゥーラです。
→いちご助産院・石上麻似のプロフィール^^

基本的には、①午前(10−12時)・②午後(13−15時)・③全日(10−15時)で承っております。
こちらの日程で、ご希望ある場合には、お気軽にご相談ください^^

🍀埼玉県川口市・蕨市では
毎月第3水曜午前・・・おしゃべりサロン(蕨市北町公民館)
毎月第3金曜午後・・・赤ちゃんサロン(川口市婦人会館)
で、ご相談・おしゃべりしています^^

🍀川口市新生児訪問指導者として委託を受けた訪問活動も、2018年5月〜はじめております♫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA