つな母11号編集部、打ち上げ〜♫

こんばんは〜!
「家族のはじまりをあなたらしく♡生活から全力サポート」いちご助産院の石上です。

最近、ちょっと落ちてまして、疲労というか、、ブログ滞ってました(^◇^;)
(私ごとですが、下の娘が5ヶ月になりまして。
途端に人見知りと背中センサー強モードが始まりまして。常に抱っこ、ぴったりが必要で〜育児負担感が増してきています。。)
そんなこんなで、もやもやしている今日この頃だったのですが。

今日はキタカンボニータ発行、ニューズレター「つながる母通信11号」編集部の打ち上げをしてきました〜✨
英気が養われたので、その勢いに乗りたい、私です。

キタカンボニータと「つな母」については、こちらの記事をご覧ください。
http://www.mwdoula.com/archives/316

会場にしたのは、赤羽にある、いろむすびカフェ

ランチセット
メイン・スープは決まっていて、そこから副菜を2品(4種類の中から選べる)でした^^
そこで、ついつい他の友人のプレートまで覗き見して、メニューを研究してしまうのですが。。。(爆笑)

そこでみんなの口から揃って、出た言葉!
「できることならしたくない、料理」

で、ですよね〜
な、なるほど〜!!
でも、すごくよくわかる。。。
数年前の私もそうだった!
いや、むしろ今でもそう(笑)

料理って
誰かのためと思えば、ようやくできるものだな〜としみじみ感じます。
でも家族になって、子どもができて初めて、
「ちゃんとやる料理ってなに?」と戸惑う人も多いのかな〜と感じているのです。

その中でも、

こどもへ想いを込めている一品が「お味噌汁」!!!
うちだけじゃなかった〜!
と、いうのも面白い発見でした✨

このツナ母
(って打っていると、すぐにツナ缶のツナみたいな変換になる。。。
もうこの際、ツナ母でもいっかーーー
関係者の方、ご了承ください♡正しくは、つながるのツナですよ!!)

話を戻しまして^^

ツナ母11号編集部を始めた頃には、実は編集部内に会ったことがなかったメンバーもいたんです。
さらには顔と名前は一致しているけど、深くお話をしたことがない人も。
でも、このツナ母を作成することと、その期間中に自分の産前産後を過ごし、
「産褥ヘルプ」を経験したことで、とても大事な友人になりました^^

今日も興味深く、楽しい、有意義な話をしまくり。
面白すぎて、仕事ノートを開きだし、メモをとる私(笑)

前半、ごはんを食べながらしていた話も相当面白かったけど、それは残せなかったぜ〜

コミュニケーション
自分との
パートナー(夫)との
仕事のこと
そして、愛のこと♡

母となり、そこからつながる、大人な会話ができる友人。
本当に戦友でもあり、同志でもある。

大変さを共有できるからこそ、支え合いたい、いや、支え合っている仲間たちがいます。

そんな関係性を作るのって、実は勇気がいるんです、よね。
私でも。
ママ友との付き合い方も少々苦手意識のある私。
しかし、その話はまた長くなりそうなので、また改めて。

つながる母通信11号、私の手元には残りがごくわずかになりましたが、増刷しようと思っています。
まだ手に取って、お読みいただいていない方、ぜひリクエストお待ちしています。
直接知り合いでない方は、当ブログ、お問い合わせフォームからご連絡くださいませ。

11号の特集は「産褥ヘルプ」についてです。

おそらく来年1月になると、キタカンボニータのメンバー募集もあるはず。
そして次号発行は、来年初夏あたりかな〜
次号の案も、今日はむくむく湧いてくる私でした。
はて、次号の編集部、やるか?!

🍀現在は、2018年1月以降の産後プランニング・産後サポート依頼を絶賛受付中です。
(予約状況のページ更新はもうしばらくお待ちください)

🍀いちご助産院・石上麻似のプロフィール^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA