ご挨拶

ようこそ、出張産前産後ケア・川口いちご助産院のホームページへお越しいただきありがとうございます。

いちご助産院は、いちごを漢字で書いた「苺」のイメージです。

いつもつい頑張りすぎてしまうお母さんたちに、

「お疲れさま♡」

「今日も頑張ったよね♡」

そんな草かんむりをのせてあげたい、かわいい母たちのための場所です。

場所といっても、今はまだ私、石上麻似がひとりで、クライアントさんの希望に添うようなオーダーメイドのケアを自宅訪問で行なっていますので、今はまだ架空の場所です。

いつかはそんな場所も、現実に作っていきたいと思い描いています。

そして今は2児の子育てを家族とともにしながら、私自身も、助産院も、このホームページも育てているところです。

ゆっくりとした歩みではありますが、見ていただいている方に一つでも、何かをお届けできますように♡

妊娠・出産・子育てに迷った時は、お気軽にご相談ください。
活動拠点・何が依頼できるのかなどについてはこちらをご参照くださいませ。

ひとりで悩まなくていいんです。

土から芽を出したばかりのいちごの苗のように、一緒におかあさんも、赤ちゃんも、ご家族も一緒に育んでいきましょう。

 

プロフィール

助産師起業家、一般社団法人認定産後ドゥーラ。

1984年生まれ。

2006年〜のべ10年間、産婦人科病棟・外来で看護師・助産師として勤務。

2009年、結婚。

2013年緊急帝王切開
2017年には予定帝切を経験。

妊娠・出産・子育ての専門家であるはずの助産師でも、自分の子育ては分からないことの連続。

退院してからはこどもを中心としたケアになり、保健師や助産師と会うのは1回の新生児訪問と、数回の市の健診のみ、しかも毎回違う担当者。

それは大きな問題がなくても手探りの育児生活には、あまりに心もとなかった。

さらに母となった女性のケアについて教えてくれる人は誰もいなかった。

また母子家庭で育ち、大好きな母の顔色を気にして、子どもごころに寂しい想いも多かった幼少期。

その影響もあり「いいお母さんになりたい」という想いは人一倍だった。

産後1年で夜勤ありのフルタイム復帰。

病院での助産師の仕事は好きでやりがいがあったが、家庭・子育 て・仕事とのバランスに疑問が徐々に生まれてきた。

必死にもがき、見つけ出した夢は「産後女 性を中心としたケアに関わる、あの心もとない時期に寄り添える助産師になりたい」だった。

さらに産後ドゥーラも活かし、生活という視点も含む、産後女性に必要なサポートを一緒に考える専門家がいたら心強いだろうと、自らの経験から強く感じた。

家庭・子育て・仕事を自ら創造し、仕事にしていくと いう起業家としての側面と、家族やあらゆる地域の専門職や子育て支援者と協力して、自分らし い子育て・家族作り、社会への貢献をしていく専門職としての側面も併せ持つ、開業助産師と産 後ドゥーラの両輪を活かした、助産師起業家として独立。

現在は、自宅への出張にて産後プランニング・産後サポートの提供、埼玉県助産師会川口地区での活動、講座開催、蕨市子育て事業、NPO法人マドレボ ニータ会員の有志で産後ケア啓蒙(キタカンボニータ)を中心に活動中。

産後ケアを幅広く提供することによって、産後女性とその家族が笑顔で、自分らしく過ごしやすくなるよう、豊かな、住みたい・子育てしたい地域へ貢献することをミッションとしている。

 

経歴

聖路加看護大学大学院助産学前期課程修了。

聖路加国際病院産科病棟、埼玉県済生会川口総合病院での産婦人科勤務経験を経て、 2017年4月出張産前産後ケア川口いちご助産院を開業。

妊娠初期から妊婦健診への外来診療補助、保健指導、母親・両親学級の運営、分娩時の介助・産後の入院中、 1ヶ月健診まで新生児と褥婦とその家族への切れ目ない支援の実践を積み重ねてきた。