【拝啓妊婦さま♡】産後の「生活」を知り、備えるお手伝いしています!

おはようございます。
「家族のはじまりをあなたらしく♡生活からまるごとサポート」いちご助産院の石上です^^

本日も春の嵐、雨ですね〜☂

昨日、そんな洗濯のできない日に限って、子どもがシーツを汚したりしてT〜T
乾燥機で乾かしたら、シワシワになって、しょぼーんです。。

さてさて、産後プランニングを行なった臨月の妊婦さんから、ご感想をいただきましたので、ご紹介します。

石上さんに産後どう過ごすか考えているかと聞かれて
入院準備や必要な物の準備はしていましたが
“生活”については全然考えていなかったなぁと気付く事が出来ました。
“出産後の生活”が一番大変で大切なのに、ですよね(^^;;

主人や実母のサポートは不可欠ですが
私がふたりに具体的に何をして欲しいかを今のうちに伝えて、
お互いの負担が減らせるようにしていきたい
なと思います。

布おむつやネントレ、保育園についてなど
現在気になっていたり分からない事にもお答え下さり本当に助かりました。

自分が妊婦になって初めて
自分で調べないと誰も何も教えてくれない社会なんだなぁ(・・;)と痛感したのでとてもありがたいです。

主人や実母以外の人との関わりは私にとってすごくリフレッシュにもなると思うので
無事に出産出来たら石上さんにご連絡し、サポートして頂けたらと思います。

そうなんです〜
本当そうなんです〜〜!!

しかも自分で気づいたことを言葉にできるって、本当に素晴らしいなぁ^^と♡

理想を言えば、
妊婦さんや、母となろうとする女性本人だけが抱え込まなくても、
「産後のあれどうなってる?」
「生活はどうするの?」
「こんなことなら手伝えるよ〜」
と周りが本人が心地よく産後の養生期を過ごせるように、おせっかいを焼けるといいと思います。

北米では、妊娠・出産したらドゥーラにお願いするというのは一般的で、
日本で出産病院を決めるように、
「ドゥーラは決めたの〜?」と周りから確認されて、
そういうもんなんだな〜って依頼し、妊娠・出産・子育てに伴走してもらうそうです。

「心地よく産後の養生期を過ごせるように」状態を整えるためには、
自分でどんな風に過ごしたいと、周囲に働きかけ、コミュニケーションとることが不可欠なんですね。

何も言わないで、やってくれたら楽なのに〜と思われるかもしれないですが、
(ここで日本の察する文化が仇となる。。)
それでは結局、自分の心地よさの追求にはなりませんし、
手を出す方も探り探りで、骨が折れます。
すれ違いも当然生じてしまいます。
で、ストレスを抱える結果となる。

ならば、ストレス感じないように、自らコミュニケーションをとっていくに限る!なのです。

周囲の人も「私でできることなら、積極的に助けたい。赤ちゃんの誕生を一緒に喜びたい」と思っていて、本人からの言葉を待っていたりするものです。

ましてや産後の真っ只中は、言葉にする作業が苦手になりますし、
身体もお疲れ、心もホルモンの影響もあり不安定です。

そんなチャンスをぜひ妊娠中に!!

見事、次に(産後に)つなげている行動をされて、
新しい家族を迎えることをきっかけとして、私を活用いただいて、本当にうれしいです♡♡

ご感想、ありがとうございました♡

ではでは、本日も産後プランニングに、別のご家庭に参ります〜!

その前に履歴書書かなきゃ〜^^;
来年度の川口市新生児訪問の委託を受けるための準備です。。

****************************************

🍀「家族のはじまりをあなたらしく♡生活から全力サポート」いちご助産院は
産後を心地よく、あなたらしく♡自宅で過ごせるようお手伝いする助産師&産後ドゥーラです。
→いちご助産院・石上麻似のプロフィール^^

基本的には、①午前(10−12時)・②午後(13−15時)・③全日(10−15時)で承っております。
こちらの日程で、ご希望ある場合には、お気軽にご相談ください^^

🍓育休応援キャンペーン中〜2018年3月末まで〜
詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA